住宅ローンおすすめサイト様です 自己破産を考えている方はコチラ 不動産に関するおすすめサイト様です

不動産・株・投資・マネーニュース!

不動産・株・投資・マネーニュース!
不動産・株・投資・マネーニュースに関する情報をどんどん集めてまいります

スポンサーサイト 人気blogランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

二宮彦可:日本で最初の整骨医書 顕彰説明板を披露--あす浜田・観音寺 /島根 人気blogランキングへ


プレデター FM トレーニング R×L ハーフソックス
 日本で最初の整骨医書「正骨範」上下2巻を著し、整形外科の基礎を築いた浜田藩医、二宮彦可(げんか)=1754~1827年=ゆかりの浜田市真光町の曹洞宗・観音寺(花吉道久住職)で30日、二宮彦可の顕彰の説明板(縦91センチ、横120センチ、高さ185センチ)の披露と没後180年の追善法要が営まれる。
 社団法人・島根県整骨師会が墓地の一角にある本居宣長の高弟で、二宮彦可の実父、小篠東海=1728~1802年=の墓「東海篠先生之墓」(市指定文化財)があることなどから、県整骨師会設立30周年の記念事業の一環として、ゆかりの二宮彦可を顕彰することになった。
厳選情報を入手したい場合はこちら!
情報ASPのインフォトップ

 二宮彦可は14歳の時、浜田藩医、二宮玄昌の養子になり、19歳で医科修行へ出た。広島で内科、大阪で眼科、京都で産科、長崎で蘭法外科などを学び、1791年、浜田へ帰った。しかし、1793年、藩主、松平康定に従って江戸に出た後、死亡した。「正骨範」は1808年、発行...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース


スポンサーサイト
この記事のURL 気になるニュース! コメント : - トラックバック : -
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。